クラフトマンスタジオ冬扇
クラフトマンスタジオ冬扇イメージ写真

近況つれづれ雑記

近況つれづれ雑記写真

五月も末になってようやくカッコウが鳴きはじめました。これで今年も初夏の鳥がめでたく揃いました。ツツドリ、ジュウイチ、ホトトギスとともに、鳴声で夏が近いと感じられます。

ゴールデンウイークは、久しぶりに益子陶器市に出店しました。テントの数が半分に減らされたと聞いたけれど、それでもカオス感満点! 個人の工房はもちろん、仕入れ売りの店から中規模の工房まで。行列のできるテントあり、のんびりペースのテントあり。南は九州から北は北海道まで。地元の出店が多い場所だったので、近所だからとおすそ分けが回ってきたり、なんとも味わい深くありがたい時間。そしてすごい人波!

磁器は珍しいらしく、そして陶器に比べて値も張るので、沢山の人が手にとってくれ、値段を見て返される、の繰り返しはお約束。それでも、毎日誰かがとてもうれしそうに「これ!お願いします!」といって器をさしだしてくれる。常連さんも知り合いもほとんどいない中で、個展とはまた違う喜びがあります。毎年は無理だけど、また行きたい!と思える、充実の十日間でした。

今回は、宇都宮から片道小一時間の「通勤」をしていたので、とにかく睡眠時間を確保しなくては!の毎日で、疲労困憊したけれど、いろいろ忘れがたい時間となりました。

これから夏まで、涙目で仕事する過酷なスケジュール。されど忙中閑あり、楽しみつつがんばりたいと思います!